【2018/11最新】スズキ ハスラー マイナーチェンジの詳細を丁寧にお教えします!vol.2

皆様、こんにちは、こんばんは、おはようございます。エステラオです。

さて、vol.1ではハスラーマイナーチェンジの

  • 自動ブレーキ関係の改良
  • 新設のJグレードの詳細

について解説してきましたが、ここからは

  • カラーバリエーションの変更とインテリアの変更
  • ハスラータフワイルド

について解説していきます。

ハスラーに興味があって詳細を知りたい方だけではなく、興味も無いのに何かしらハスラーについて

「書かなければならない方」

必見ですぞ!!なんせ、カラーバリエーションがAとGとJでそれぞれ別ですから、組み合わせ表を見るだけでアタマがおかしくなりそうですね!

では、いってみましょう!


 

  • ハスラーマイナーチェンジのカラーバリエーション変更について

 

さて、スズキ ハスラーといえば豊富なカラーバリエーションが大いなる魅力の軽自動車ですが、今回のマイナーチェンジの最も大きなポイントの1つとして、このカラーバリエーションの変更が挙げられます。

が!

今回のマイナーチェンジでの新色の追加はありません!

(特別仕様車のワンダラーは除く)

せっかくのハスラーなんですから、新色用意してくれてもいいのになと思ったんですけどね。

これが新しいハスラーのカラー組み合わせ表です。

ポイントを箇条書きにしていきますね。

○ グレード「G」の変更点

  • グレード「A」のボディカラーの変更は無し
  • グレード「G」のモノトーンの変更も無し
  • 2トーンルーフは「サマーブルーホワイト2トーン」が廃止、ブリスクブルーホワイト2トーン、クールカーキホワイト2トーン、アクティブイエローホワイト2トーン、フェニックスレッドホワイト2トーンの4色のホワイト2トーンを新たに追加
  • グレード「G」は、合計7色9パターン

グレード「G」は、最多のカラーバリエーションとなりました。イエローとレッドで、ホワイト/ブラックのそれぞれの2トーンルーフが選択できるようになったのは良いですね!

 

○ グレード「J」について

  • モノトーンは、クールカーキとブラックのみ2色
  • ホワイト2トーンは、フェニックスレッド、アクティブイエロー、クールカーキのみ3色
  • ブラック2トーンは、フェニックスレッド、アクティブイエロー、ホワイトパールのみ3色
  • グレード「J」は、合計5色8パターン

グレード「J」は、「G」よりカラーの選択肢が少なくなったものの、唯一の「ホワイトパール×ブラック2トーンルーフ」が選択できるのが強みだと言えます。これにメーカーオプションのブラックインテリアパッケージをつければ、モノトーンコーデの渋いハスラーになりますね。

これは人気が出そうな感じです。

 

○ インテリアカラーの変更について

  • インテリアカラーパネルの「ホワイト」の採用は廃止
  • 代わりにベーシックカラーが「アイボリー」に変更
  • 同じく、オレンジのカラーパネルも廃止。ボディカラーオレンジの場合はアイボリーのパネルに。
  • カーキのカラーパネルが追加。ボディカラーがカーキの場合、カーキのパネルに(Aを除く)
  • シートパイピングは、ホワイト、イエロー、カーキの3色構成に。
  • ブルー、オレンジ、ピンクのシートパイピングは廃止。
  • ボディカラーに追随するシートパイピングはイエローとカーキのみ。

ざっくりと書きましたが、文字にすると非常に分かりにくいので、↑の表を見ていただくと分かりやすいですね。

※ ハスラーGカラー詳細

新色の追加が無いので、マイナーチェンジとして華やかな印象は無いですが、何気に過去のJスタイルの復刻版とも言える内容であったり、スズキの従来のマイナーチェンジとは少し違う内容なので、動向に注目せざるを得ないです(^^)

エステラオ個人的なオススメは、Jターボのピュアホワイトパール×ブラック2トーンルーフに、メーカーオプションのブラックインテリアパッケージを装着する組み合わせですね!

これでブラック&ホワイトの、より一層シックなハスラーが出来上がります!内装カラーもブラックパールとチタン加飾なので渋いですね。

 


 

○ ハスラータフワイルドについて

 

 

ハスラーの特別仕様車、タフワイルド。

※ タフワイルドホームページ

このカラーの塗り分けはかなりの賛否両論があるようですが、個人的には好きです。この2トーンの塗り分けがタフワイルドをチョイスするかしないかのキーポイントなるでしょう。

 

JスタイルⅢが無くなってしまった今、ハスラー唯一のオフブルーメタリック設定グレードという貴重な1台になってしまいました。

とは言うものの、実はマイナー前にあった「フロント/リアバンパーガーニッシュがボディ同色」というグレードも無くなってしまったので、この部分でも唯一のグレードという事で…非常に存在感のあるグレードとなっております(笑)

ベースは「G」。

ターボ設定はありません!!

なので、ハスラーのターボが欲しいという方は「G」か「J」の2択という事になりますね!

 


 

細かいところを見ていきますと、HUSTLERのアルファベットエンブレムがホワイトになっていたり、シートが前モデルのJスタイルⅢと同一のネイビー×ブラウンのレザー調になっていたりと、随所にGベースにしては豪華な装備が見られます。

このインテリアのカラーパネルがかなりのミソでして、写真はオフブルーのパネルなのですが…

このパネル。なんとボディカラーが何色でも…

すべてオフブルーのパネルです!!!

 

 

つまり、ボディカラーがレッドでも、シルバーでも、全てオフブルー!!これはなかなかアヴァンギャルドなカラーリングの組み合わせです!タフワイルドに乗っていると、目線にはボンネットのボディカラーとオフブルーのパネルが同時に目に飛び込んでくるため、組み合わせによっては目が賑やかになること請け合い・ω・

 

他には、ワンダラーにしか搭載されていないナノイー搭載のフルオートエアコンが搭載され、プレミアムUV&IRカットガラスもフロントドアに装備されていますので、女性も積極的に選ぶ価値はあるでしょう。

 

 

これで、価格は税込み

1,487,160円

です。Gグレードに「2トーンルーフ」と「ディスチャージヘッドランプ」のオプションを選んだ価格が

1,420,200円

ですから、その価格差は約67,000円。

 

僕としての個人的な意見は、とにかくこの2トーンが好きか嫌いか。そこの1点に尽きると思っています。

ハスラーは、その代によって特別仕様車が様々存在し、その特別仕様車毎にカラーリングが異なっていますので、欲しい色の組み合わせ(ボディカラーだけではなく、インテリアのカラーの組み合わせも含めて)があれば、その1点しか無いと思って良いでしょう。

この色が欲しいなと思ったら、まずは現車を見に行ってみるのが吉!!ハスラーは乗ってワクワクするクルマですから、その気持ちを加速させるような印象ならば…決めちゃってもいいかもしれませんね(笑)

 

 

1 Comment

  1. ソリオについているデュアルカメラはどこのメーカーのものなんでしょうか?

    スイフトXRリミテッドについての記事も楽しみに待っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です