【2019/11】新型ハスラー(コンセプト)記事vol.2『インパネ編』。先代からの変更点を新旧大量写真で大紹介!

さて、皆様前回の記事vol.1は読んで頂けましたでしょうか?外装編という事で、前回は見た目やエクステリアデザインに特化した内容ではありましたが、それに対応するようにした今回の記事は、内装、

特にインパネデザインに特化

したものとなっております。

インパネだよ?インパネだけで2,500字も書いちゃったよ!?バカなの?

新型ハスラー(コンセプトモデルですが、市販バージョンと遜色ないとの判断によりこのように呼ばせていただきます)は外観こそ先代の特徴を色濃く受け継いでおりますが、インテリアはかなり激変したものとなっております。そのインテリアの顔とも言うべきインパネデザインのみの記事、どうぞごゆっくりご覧ください!

もちろん、今回も大量写真にて先代ハスラーとの比較をたっぷりと!非常にマニアックな視点で!行っておりますよ~

Continue reading

【2019/11】新型ハスラー(コンセプト)記事vol.1『外装編』。先代からの変更点を新旧大量写真で大紹介!

ついに出ました!新型ハスラー(のコンセプト)!大好評のうちに終了した2019東京モーターショーでお披露目されたその姿ですが、コンセプトとは名ばかりでどっからどう見ても新型ハスラー!としか思えませんね(笑)

モーターショーも終了した事ですし、ここではその新型ハスラーコンセプト(以下、新型ハスラーとあえて書きます)の大量写真を見て(シノさんおさつさんありがとうございます!)外装のポイントを整理&紹介してみたいと思います。

Continue reading

【2019/11】新型タントとスペーシアをスズキマイスターの主が徹底比較vol.03『使い勝手編』

前回の記事『内装編』では、かなり新型タントに辛辣な内容となってしまいましたが、まぁ質感は誰が見ても先代にすら劣っていましたし、どう見てもコストカットが激しい内容で、この評価もやむを得ないなと思っていますが…おそらく!新型タントの本気はこの「使い勝手」に集約されているのかと思います!

最初に言っておきますが、この新型タントは明確にターゲットを絞ってきています。

この「使い勝手編」にて、それが顕著に表された部分ではありますので、これを読んでおられる方はそこに注目しながら読み進めていただければと思います!

Continue reading

【2019/10】新型タントとスペーシアをスズキマイスターの主が徹底比較vol.02『内装編』

さて、めちゃくちゃ更新に時間かかりましたが…前回のvol.01、『外装編』に引き続き、今回は内装について詳しく比較していこうと思います。

最初に言っておきます!新型タントの事で内装が!一番!がっかりした!!

そうです。僕が一番言いたかったこと。スペーシアと新型タントを比較した中で、一番残念だったのが新型タントの内装、インテリアだったのです。

それを詳しく今から解説していきますね。

Continue reading

【2019/07】新型タントとスペーシアをスズキマイスターの主が徹底比較vol.01『外装編』

さて皆さん!2019年のFMC新型タントの予想記事は読んでいただけましたでしょうか!!(5月に公開したタント予想記事vol.1はコチラ)

恐ろしいほど予想が当たっていましたね(笑)

まぁ、それはさておき、早速デビューした新型タント/タントカスタムですが、競合と思わしき軽スーパーハイトワゴンの雄、スズキスペーシアと徹底比較しちゃいます!

スズキのスペシャリストたるブログ主エステラオが、スペーシアとの細かいマニアックな差までしっかりとお伝えいたします!


□エクステリア・外観編

ではまず、外観から見ていきましょう!

これはタントカスタムの最上級グレード カスタムRSです

ダイハツ タント公式ページ

どうでしょう?カスタムなのに意外とスッキリしている…そう思いませんか?

Continue reading

【2019/05最新】スズキ新型エスクードがホントに良いクルマなので皆さんに知ってほしいvol.02(走りのSUVという称号)

前回記事(vol.01)からかなり時間が経ってしまいました…申し訳ありません… (vol.01は安全装置についての記事です)

前回記事は思いの外、安全装置だけの記事になってしまったのですが、今回はエスクードの走りの良さをピックアップしていきたいと思います。

スズキエスクード公式サイト

□エスクードの走り(1.4ターボエンジン&4WD&6AT)

まずもって、国内を席巻するSUV市場を見てみると…

●CVT率高すぎ

●重すぎ

●2WDの設定多すぎ

という事を個人的には感じずにはいられません。

Continue reading

どうなる?2019新型タント(予想)vol.2

vol.1の続きです…

〇新型タントのスペックは?

●スマアシ3の進化や室内空間等

vol.1でエンジンの話まではしましたが、ここからはダイハツの誇る予防安全技術である「スマアシ(現在は3)」がどこまで進化するかという話から書いていこうと思います。

vol.1でも書きましたが、あくまで個人的な予想ですのであしからず!(笑)

Continue reading

どうなる?2019新型タント(予想)vol.1

2019年現在、軽自動車の中で最も売り上げを伸ばしているカテゴリ「軽スーパーハイトワゴン」。

「スズキ スペーシア」「ダイハツ タント」「ホンダ N-BOX」これらは2018年度軽自動車販売台数のTOP3でもありますが、同時に登録車をも含めた日本の2018年度全自動車販売のTOP3でもあります。

つまり、「軽スーパーハイトワゴン」がここ日本で現在最も「売れる」クルマであり、人々がこぞって注目するカテゴリというわけです。

そんな中、N-BOX、スペーシアに続き、とうとう御三家(勝手に命名)のタントもフルモデルチェンジし、新型タントになる時期が近付いてきました。

ここでは、あくまでUP主の予想ではありますが(大事な事なのでもう一度言います。あくまで個人の予想ですよ?いいですね?)2019年7月にデビューが予想される新型タントがどのようになるかを書いていきたいと思います!

(書いていたらメッチャ長くなったのでvol.1とvol.2に分けます)

Continue reading

車好きの、車好きによる、車好きのためのカーオブザイヤー『俺達のカーオブザイヤー2018』4/6投票開始!4/20まで受付!

車好き人たちとワイワイなにかお祭りごとができないか、、、と考えた時に思いついたのがコレでした(*゚▽゚)ノ

色々と大変ですけど、クルマ好きの皆様と楽しく平成最後の月を盛り上げていきたいと思います(^^ゞ

では、投票ルールのご説明です!!


Continue reading

4代目ジムニーのここがスゴイvol.3(3リンクリジッドサスペンションの理由)

さて、前回のジムニースゴイ記事VOL.02では、新型ジムニーのラダーフレームを深く掘り下げた記事だったのですが、今回はジムニーの4WD性能を支えるサスペンション形式について言及していきたいと思います。

(4WDメカニズム…ではなく、その中の

「ジムニーのサスペンション形式についてだけ」

のブログです!そんなブログ、他にあるか??ねえよ!!どんだけマニアックだ!!)

今回もマニアックな話がいっぱいですが、ジムニーファンの諸君、悶絶死するなよ!!


○サスペンション形式「3リンクリジッドサスペンション(車軸懸架)」とは?

JB64Wジムニー(新型という言葉を使わずあえてこう呼びます)は、数々の伝統の装備を継承している本格オフローダーなのですが、そのサスペンション形式もまた、伝統の継承の1つです。

このサスペンションは簡単に言いますと、

「左右がそれぞれ繋がっている(車軸懸架)」サスペンション

で、左右どちらかが伸びると、反対側が連動して縮む構造をしています。

この逆が

「左右が別々に動く(独立懸架)」サスペンション

ですね。左右のサスペンションがそれぞれ独立して動く構造のことです。

Continue reading
« Older posts