カテゴリー: クルマについて (page 2 of 2)

ZC33Sスイフトスポーツというクルマがこの世に必要な理由

皆様、こんにちは、こんばんは、おはようございます。エステラオです。

スイフトスポーツと言えば、現在のスズキラインナップの旗艦…リーダーたる存在ですが、本当に皆様に愛されるクルマになったなぁ、とつくづく感じます。

僕は「初代」スイフトスポーツHT81Sのオーナーでしたから、スイフトスポーツの返還をこの目で、興味深く、しっかりと見てきました。その中で今思っている事を、ちょっと書いてみようかなと思います。

 


 

● スイフトスポーツというブランド

 

低価格で、走りが楽しくて、日常にアジャストしたコンパクトスポーツカー

おそらく、皆様はこのような意識をお持ちではないでしょうか?この意識は概ね正解だと思います。

走りが好きな一般庶民の方々←ココ重要!(^^ゞ にお買い求めやすい金額で、そしてその価格以上の楽しさを与えてくれるクルマが、スイフトスポーツだというわけです。

過去のスイフトスポーツを見てみましょう。※画像はクリックで拡大します

 

  • 鍛造ピストンやレカロシートを装備しつつも、超バーゲンプライスで鮮烈なデビューを果たした初代HT81Sスイフトスポーツが誕生してから15年(初代は2003年誕生)

 

  • 2代目ZC31Sスイフトスポーツに進化し、プラットフォーム一新、そしてエンジンが1,600ccとなり、以後受け継がれていくスイフトスポーツの走りの基本形を作りました。

 

  • そして3代目ZC32Sスイフトスポーツへとフルモデルチェンジし、質感と6MTの搭載により走りの性能をさらに突き詰めたモデルになりました。

○これはZC32Sスイフトスポーツの6MTモデルの試乗動画です。

 

このコンセプト・形式を15年も引き継いできているという事が、その動力性能よりも、そのボディ剛性よりも、価格設定よりも大切な事ではないかと思うのです。

低価格で、走りが楽しくて、日常にアジャストしたコンパクトスポーツカー

これを15年続けてきたということこそ、スイフトスポーツの最も重要な歴史であり、スイフトスポーツというブランドを作り上げた根幹だと、僕は思います。

※ 画像クリックでスイフトスポーツサイトへ

 

 


 

● スイフトスポーツのライバルと比べて

 

Continue reading

YouTubeを始めようと思ったキッカケ(YouTubeを始めるにあたって大事な事)

皆様こんにちは、こんばんは、おはようございます。エステラオです。

初めて書くブログ記事は、やはりこれかなと。

これが6年前、初めてYouTubeに投稿した動画です。

今見ると髪が長いですね…って、そこじゃないだろう。

これは、正直勢い90%くらいで撮った動画でした。もちろん、スクリプトも無し。ほぼほぼぶっつけ本番で撮影したものです。

それまでは、皆様と同じく、ネットでクルマの情報を仕入れる側の人で、もちろんYouTubeもいっぱい観ていました。

 


 

でも、カーオブザイヤーとか見てると、日本車じゃない外国車が受賞していたり(日本のカーオブザイヤーだから日本車だろうが!とは思います)、評論家の方々の日本車と外国車のレビューを比べると、明らかに贔屓が入っていたり…

外国車に乗る方々ってのは、普通の一般ピーポーとは違うと思うんですよ。そもそも、一般人は外国車の新型が出ても外国車ディーラーに試乗になんて行かない。そんな中で、例えば国産コンパクトカーの品評「フォルクスワーゲン、ゴルフはもっとここが良くて…」みたいな事を言われてもですね、はぁ?となっちゃうんですよ。

つまり…

全然自分たち「庶民」に対しての有益な情報が「少ない」

と感じていたんですよね。

 

 

でも、その庶民にとっての有益な情報は、大量のネット情報の中に埋もれているので、それを自力で探し出してあげなければならないんですよ。でも、ネットマスターみたいな人ばかりじゃないので、慣れていない人は探し出そうにもどうやって探しだしたらいいか分からなくなる

そんなのって、フェアじゃないよな…と。

じゃあ、自分に何ができるんだろう?

スズキが、クルマがとことん好きで自分なりに勉強してきた僕が、YouTubeで皆様に何を届けられるんだろう?

そんな想いから始めたのが、このチャンネルだったのです。

 

 

Continue reading

Newer posts »